A10ピストンSAを購入したあとの夢日記

A10ピストンSAに興味津々。
一人暮らしの僕には夜のオナニーが欠かせない。
そこで白羽の矢が立ったのは電動オナマシンのA10ピストンSAだった。
A10ピストンSAに興味を持ってから一ヶ月後に自宅にA10ピストンSAが到着したのだった。
A10ピストンSAを購入した販売店の名前は人気のアダルトショップだったのです。
購入したアダルトショップでA10ピストンSAを箱から取り出して、説明書通りに充電コードに繋いでコンセントに差し込んだ。
それから約1時間後に電源が入った。
「これが俺の相棒か……」
俺はドキドキしながらスイッチを入れた。
すると、いきなり大きな音が鳴り響いた。その音を聞いた瞬間にビックリして思わず悲鳴をあげてしまった。
「うわぁっ!?」
いきなり大きな音が鳴り響いてびっくりした僕は咄嵯にA10ピストンSAを手放してしまった。
そして、A10ピストンSAは床に落ちてしまいました。
「痛たた……まさかこんなに大きな音が鳴るなんて思わなかったよ……」
僕は落ちた拍子にぶつけたお尻をさすりながらそう言った。
その後、すぐにA10ピストンSAを拾い上げて充電コードに再び繋いだ。
だけど、このA10ピストンSAは少し壊れているのかと疑った。
何故なら、さっきのようにいきなり大きな音を鳴らして驚かせてきたからだ。
「これって本当に大丈夫なのか?」
僕は不安を抱きながらもA10ピストンSAを起動させた。
そして、恐る恐るスイッチを入れると再び大きな音が鳴り響いた。
「ぎゃああああっ!!」
またしても僕の大声が部屋中に響き渡ってしまった。
そんなわけでA10ピストンSAを購入するのをやめようと思ったその時だった。
「あれ? でも待てよ……。もしかしたら使い方が悪いだけなんじゃないか?」
よく考えてみれば、今まで使って来たオナマシンはどれも静音性に特化したものだったはずだ。
それなのに、なんで今になってこんなに大きな音を出すんだろう……。
何か原因があるに違いない。「えっと……説明書によると……『A10ピストンSAは男性器を模したアタッチメントを装着して使う』とあるけど……これを装着すればいいのか?」
僕は説明書を読み進めていくと、そこにはこんな事が書いてあった。【付属品:ペニスサック(小)】
・この製品は男性用のオナホールを装着する為のオプションパーツです。
・ご使用の際には、必ずこちらの製品を本体に取り付けて下さい。
(取り付けないと機能しません)
・また、こちらの商品は男性用に作られた製品なので女性の方の使用には適しておりません。
「ふーん、なるほどね……」
とりあえず、僕はベッドの上に置いてあるティッシュボックスを手に取った。
そして、ズボンとパンツを脱いで下半身裸になった後、A10ピストンSAの先端に付いている小さな穴にティッシュを詰め込んでみた。
すると、どうやらうまくフィットしているみたいだ。
「よし!これで準備OK!」
僕は意気揚々とA10ピストンSAの先端にある穴にローションを流し込んだ。
それから、ゆっくりと自分のモノを差し込んだ。
「おおおっ!!これは凄いぞ!!」
A10ピストンSAの中はとても暖かくてヌルヌルしていて気持ち良かった。
まるで本物の女性器の中に挿入したかのような感覚だった。
僕は夢中になりながら腰を動かし続けた。
「あああっ!!最高だよっ!!」
しばらくの間、僕はA10ピストンSAを使って自慰行為を続けた。
そして、やがて絶頂を迎えた。
「ああ……もうイキそうだっ……」
僕は快感を感じながら射精しようとした時、突然、A10ピストンSAが大きな音を立てて振動し始めたのだ。「うわぁ!?何事だ!?」
僕はあまりの出来事に驚いてしまった。
そして、慌ててA10ピストンSAを引き抜いた。
すると、先端の穴から大量の精液が噴き出してきた。
それはまさに噴水のように吹き出してきて、辺り一面に飛び散った。僕はその様子を見て唖然としていた。
「おいおい……嘘だろう……?まさかこんな事になるなんて……」
僕はA10ピストンSAを見てため息をついた。
結局、僕はあまりのショックのせいでしばらく動く気力すら湧かなかった。
それからしばらくして、僕はようやく落ち着きを取り戻した。僕はA10ピストンSAを箱に戻して捨てる事にした。
ところが、箱に戻したはずのA10ピストンSAは何故か消えていた。
僕は焦りながら部屋の中を探し回った。
すると、A10ピストンSAがゴミ箱の中から発見された。
一体どういうことだろうか……? もしかして……あの音はただの故障じゃなくて……誰かがイタズラで入れた物なのか……? だとしたら……誰なんだ……? その日の夜…… 俺はパソコンでネットサーフィンをしていた。
すると、こんな記事を見つけた。
『最近、アダルトショップでは電動オナマシンを改造して男性器を模したオナホールを取り付ける悪質な窃盗事件が多発しているらしい』
この記事を読んだ瞬間、俺はピンときた。
きっと……俺の部屋にあったA10ピストンSAは……改造されたものだ。
その証拠に、説明書にはちゃんと男性用のオナホールを装着する為のオプションパーツであると書かれている。
だけど、何故こんな事をするのかというと、恐らく転売目的だと思う。
そう考えれば、全ての辻妻が合う。
だけど、犯人はどうしてA10ピストンSAを盗んだのだろうか……。「まさか……転売するつもりなのか?」
でも、それならわざわざ盗まなくても普通に売ればいいだけの話じゃないか。
「いや、待てよ……。ひょっとすると……このA10ピストンSAを悪用しようとしている奴がいるのかもな……」
もしも、そんな輩がいればの話だが……。
それにしても、いったい誰がそんな真似